トップページ > その他の活動のお知らせ > 会議開催報告 > 博多駅地区社会実験シンポジウム 第2回「人が集い、にぎわいのある、歩いて楽しいまち”はかた“を目指して」を開催しました

あ

2009

Feb

17

会議開催報告

博多駅地区社会実験シンポジウム 第2回「人が集い、にぎわいのある、歩いて楽しいまち”はかた“を目指して」を開催しました

平成20年10月に実施いたしました、博多駅地区社会実験「はかたんウォーク」の結果報告と今後のまちづくりについて考えていただくシンポジウムを開催しました。

博多駅地区社会実験シンポジウム(第2回)報告書

 

1. 内容

【第一部】
社会実験報告会 『博多駅地区社会実験「はかたんウォーク」の成果について』
博多駅地区社会実験実行委員会 各グループリーダー
事例紹介I 『東京駅周辺地区におけるエリアマネジメントについて』
金城 敦彦 氏  大丸有エリアマネジメント協会事務局長
事例紹介II 『「通り名で道案内」の取り組みについて」』
中野 道男 氏  九州地方整備局道路部道路計画第二課長

【第二部】
パネルディスカッション 「博多駅地区の今後のまちづくりを考える」
◎コーディネーター
 井上 信昭 氏 福岡大学工学部社会デザイン工学科教授
◎パネリスト
 金城 敦彦 氏   大丸有エリアマネジメント協会事務局長
 森山 誠二 氏   九州地方整備局福岡国道事務所長
 福山 誠   氏   博多区自治協議会長連絡協議会会長
 樗木 武   博多駅地区社会実験実行委員会委員長

2. 日時 平成21年2月16日(月) 13:30~16:00

3. 会場 ホテル日航福岡 3階 都久志(つくし)の間

4. 主催
 博多駅地区社会実験実行委員会、博多まちづくり推進協議会、(財)福岡アジア都市研究所 

 

後援
朝日新聞社、NHK福岡放送局、九州地方整備局、TVQ九州放送、テレビ西日本、
(独)都市再生機構九州支社、西日本新聞社、日本経済新聞社西部支社、福岡県、福岡市、
毎日新聞社、読売新聞西部本社