トップページ > 回遊促進活動 > 通り名付け活動 > 「博多通り名プロジェクト2009」始動

0005

2009

Jul

07

通り名付け活動

「博多通り名プロジェクト2009」始動

2011年の九州新幹線全線開通とともに大きな変化が予想される博多駅周辺のまちづくりの一環として、来街者にわかりやすく、案内しやすいエリアを目指した通りの名称付け活動(=通り名付け)を行っています。昨年の活動では、市の道路愛称事業や自治協議会活動との調整を残したままになりました。

今年度は、より網羅的に協議会としての通り名案を作成し、公称化にむけた提案を行っていく予定です。

■コンテスト形式の通り名付け
今年度前半は、九州安達学園ビジュアルデザイン科の学生さんに協力いただき、通り名付けを考えていくことにしました。約50名の学生さんと協議会有志メンバーによりチーム編成を行い、数回のワークショップ等を行い、コンテスト形式で提案していただきます。

■第1回目~オリエンテーション~
博多駅周辺の約70本の通りを網羅的に通り名付けしたいと考えています。しかし、各チームの作業量を考慮して、どの通りを選定するのか、どのように検討していくのかは、チーム毎に自由に設定できます。
学生さんと協議会メンバーの顔合わせとなった今回は、概要説明と質疑応答でオリエンテーションが終了した後も、コンテストに向けたチーム毎の作戦会議が熱心に行われていました。

福岡県外出身の学生さんも多く、来街者視点での通り名の提案に期待しています。