トップページ > 協議会概要 > 事業計画

事業計画

2020年度事業計画

2020年度は、「博多まちづくりガイドライン」に基づき、新たに「拡げる」と位置づけた「アクションプラン(2020-2022)」がスタートする年度です。これまでの活動の振り返りと深度化に加え、2022年度に予定されている地下鉄七隈線の天神南から博多間の開業、はかた駅前通りの再整備工事の完了、さらには「博多コネクティッド」の進展等に伴うまちの変化を柔軟に捉えた活動を展開します。はかた駅前通りを中心とした各通りの活用促進と筑紫口エリアなどで新たに生み出された公開空地等を積極的に活用し、新たなにぎわいを創出し、まち全体へ“拡げる”ことにより地域の価値向上に努めます。また、行政、地域、事業者とも一層積極的に連携し、「歩いて楽しいまちづくり」「美しく安心なまちづくり」に継続して取り組みます。
なお、今年度は計画した事業の実施にあたっては、新型コロナウィルスの感染拡大の影響、国内や地域の状況等を注視しながら、柔軟に対応していきます。

「博多まちづくりガイドライン」 アクションプラン(2020-2022)

2020年度~2022年度 “拡げる”期間

基本方針 アクション
歩いて楽しい
まちづくり

I.地下鉄七隈線延伸に向けて、歩いて楽しいまちとしての魅力の更なる向上

II.博多駅周辺の更なる回遊性向上と新たなにぎわい創出

III.歩行者中心で、公共交通・自転車・自動車とのバランスの取れた、理想的な交通体系の共有

IV.博多に集う様々な人たちが、博多の歴史・文化・食をより深く知り、
より深く楽しむまちづくり

美しく安心な
まちづくり

V.まちの防災機能の強化

VI.美しく、環境に配慮したまちづくり

VII.全ての人にとって、安全・安心なまちづくり

「博多まちづくりガイドライン2020」の図

歩いて楽しいまちづくり

魅力あるはかたのまち歩き

  • ・ まちの魅力を紹介し、まち歩きルートを提案する「博多まち歩きマップ」の発行。Web版ツールを活用した多言語化の展開。
  • ・ スタンプラリーなどの人気事業や博多千年門等の観光資源を活かし、博多部及び天神地区等の回遊性を促す事業の促進。
  • ・ 誰もが気軽に楽しく参加でき、まち歩きの動機付けとなる事業の展開。
魅力あるはかたのまち歩き

まちのにぎわいを広げる活動

1.拠点や主軸から「面」に広がるにぎわいづくり
  • ・ 歩行者等の増加が見られる博多駅中央街南西街区方面等も含め、にぎわいを周辺に波及させる取り組みの実施。
  • ・ 新たなにぎわい創出のためイベント等に利用可能な公開空地等に関する利活用の促進。
  • ・ 博多らしい「和」を活かした魅力の発信。
  • ・ “博多のまち”について考えるトークイベント(ミートアップ)の開催。
  • ・ にぎわいを「通り」から「面」にひろげるエリアリノベーションの取り組み。
まちのにぎわいを広げる活動
2.ライフスタイルに応じたにぎわいづくり
  • ・ 「住む人」「働く人」が昼間だけでなく、朝や夜も博多のまちを楽しむことができる事業の推進。
  • ・ 「博多のまちの会議室」を活動の拠点に、朝と夜の時間を活用した「はかた大学」の活動を幅広く展開。
  • ・ 「新博多人の集い」を定着させ、博多の歴史や魅力を学ぶ場を通じて、新たに博多に来た人々がつながる場をつくる。
ライフスタイルに応じたにぎわいづくり

歩きたくなるまちをつくる活動

1.地下鉄七隈線延伸に向けた、「はかた駅前通り」のさらなる魅力向上
  • ・ はかた駅前通り再整備完了時を見据え、国家戦略道路占用事業を活用し、大型 MICE 等の機を捉えた歩行者天国イベントなどを行い、通りの魅力向上とにぎわいを広げる活動を行う。
  • ・ 九州・アジアの玄関口としてふさわしい、歩行者の利便性を高める機能や来街者にもわかりやすいサイン等の検討。
地下鉄七隈線延伸に向けたはかた駅前通りのさらなる魅力向上
2.歩行者がゆとりを持ち、安心して歩ける空間づくり
  • ・ 押し自転車の呼びかけや違法駐輪対策等、歩行者と自転車利用者双方の安全性・快適性を高める環境づくりの推進。
  • ・ 交通量調査の経年分析や WEBアンケートで示された博多駅周辺の通りの課題解決に向けた取組みの検討。
  • ・ 博多・天神間の回遊性向上や公共交通利用促進に向けた取組みの推進。
博多駅周辺の交通課題の解決と回遊性向上活動

美しく安心なまちづくり

安全・安心環境向上活動

1.環境向上・美化活動
  • ・ 清掃美化活動「クリーンデイ」の継続と筑紫口エリアへの環境向上啓発活動「打ち水」の積極的な展開。
  • ・ はかた駅前通り、筑紫口中央通り植栽管理事業による、花やみどりあふれるおもてなし環境の醸成。
  • ・ 地域や事業者による自主的な環境向上・美化活動の啓発・支援。
環境向上・美化活動
2.地域や行政と一体となった、防犯・防災に関する取り組み
  • ・ 防犯に関する講習会や落書き消し活動の継続。
  • ・ 都市再生安全確保計画に基づく対策を検討するとともに、地震や水害などをテーマとした講習会や図上訓練を幅広く声かけして実施し、エリア全体での防災意識の醸成と啓発を行うことにより、都市機能の向上に努める。
地域や行政と一体となった、防犯・防災に関する取り組み
3.すべての人にやさしいまちづくり
  • ・ 行政等と連携した「すべての人にやさしいまちづくり」の推進。
  • ・ 利用者の目線に立った分かりやすい案内サインの設置を推進。
  • ・ はかた駅前通り再整備完了区間やその他街区などにおける「ベンチプロジェクト」によるくつろぎ空間の提供を推進。
すべての人にやさしいまちづくり

協議会活動の充実

他組織との連携

1.行政や地域、天神地区と協働した都心部活性化のための取り組み
  • ・ 都心部への誘客、エリア間の回遊性向上などを目的とした施策の検討・実施。
2.まちづくり活動関係者との積極的な交流・情報交換
  • ・ 視察の実施・受入や、まちづくりに関する諸会議への参加による事例研究や情報交換。
  • ・ 全国エリマネネットワークへの参画、他エリアマネジメント団体と連携を通じたまちづくり組織のあり方、公共空間の活用や負担金に関する情報収集。
まちづくり活動関係者との積極的な交流・情報交換

情報発信・自主財源の確保

1.積極的かつ効果的な情報発信
  • ・ 会報誌「はかたんだより」、ホームページを活用した活動の「見える化」と効果的な情報発信。
  • ・ 「博多のまち会議室」を活動の拠点に、当会や地域のミーティングの場、また、旅行者等への情報発信拠点として最大限活用することで、回遊性を促進する。
2.自主財源の確保
  • ・ エリアマネジメント広告(街路灯バナー広告)の範囲拡大や地域貢献型自動販売機事業による安定的な収入確保。
  • ・ 公開空地の活用による「まちづくり協力金」の財源化。
自主財源の確保

特別協賛事業

冬のファンタジー・はかた

  • ・ 博多駅周辺のイルミネーション実施事業者との連携、沿道事業者や地域の協力に基づき、一体感及びスケール感のあるイルミネーションを展開する。
  • ・ イルミネーションの開催時期・開催区間ににぎわいづくり等を行い、回遊性向上を図る。
  • ・ 認知度のさらなる向上及び広域集客を目的に、天神地区などとの共同広告により情報発信を強化。
冬のファンタジー・はかた

その他

その他

  • ・ 新型コロナウィルスの感染拡大の影響が大きい今年度は、計画した事業の実施や中止について柔軟に判断していく。
  • ・ 事業の実施状況等を考慮し、今年度の年会費等については見直しを行う。