トップページ > その他の活動のお知らせ > 情報発信 > 「官民一体となった『はかた駅前通り』再生による魅力あるまちなみ形成に関する提案書」福岡市長へ提出!

はかた駅前通りPJ再整備検討会提案書2

2014

Oct

31

情報発信

「官民一体となった『はかた駅前通り』再生による魅力あるまちなみ形成に関する提案書」福岡市長へ提出!

目標すべき将来像

協議会が事務局を務める「はかた駅前通り再整備検討会議」では、4月より全4回の会議を通してはかた駅前通りの再整備のありかたについて考えてきましたが、この度その結果を提案書にまとめ、福岡市の髙島市長にお渡しすることが出来ました。

当日は検討会座長の九州大学の坂井猛教授、東住吉校区自治協議会の福山誠顧問、協議会の本郷会長が出席し、坂井教授より提案の内容について説明を行いました。地域や民間事業者と行政が手を携えて一体となり、ソフト・ハードの両面からはかた駅前通りを再生していく内容となっています。

今後は提案書に描いた将来像を実現するための具体的な活動について、協議会のはかた駅前通りPJを通して検討していきます。

基本コンセプト

はかた駅前通りPJ再整備検討会提案書2取り組み
▲当日の様子